読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限界のしわ

 

すーぱー

すとろべりーな、日々。

 

甘くて柔くて仕方が無い。

 

何かに期待を寄せてれば過ぎ去る日々なんてのはもう終わったわけで

それぞれそいつなりに何かを起こさないと生きていけなくなってしまったので

あーるルル、な気分。

 

僕は、作品を作る中で日本人らしい

『だれかの迷惑にもならず共有している中での平穏なもの』

になりがちだけど、

それでも周りの人はとんでもない変態性を秘めたものを出していて。

最初はすげーとか思ってたけど、それもそこだけの話だから

もう自分は自分のやりたい事やれる事をやるしかないなの精神になり。

方向を真逆に行ってしまっていたとしても気づけたならラッキーな感じで!!

 

だいたい他人が他人の事を気にしすぎなこの社会で

いわゆるdis的な発言を気にしてても仕方がない。

これは人間関係でも一緒だと思う。

 

他人の話を聞いていて本当に共感をする事なんて少ないし

自分が話している事もそうなんだろう。

自分の意見を正当化してくれる人間なんてどこにもいなくて

それが正しいと示せる人間は自分しかいなくて。

結果で示すしかないならやるしかないから

やるならやらねば!!

 

ネバーエバーフォーエバー!!

みたいな?(アキコ風)

 

てな事すわ。

なんだか煮詰まったらカード超ほしーーいけど

まあ終わりで。

 

浜松餃子食べたかったよーーーー!!!!